Amazonのガイドライン変更から考える「転売」

おはようございます。 10年ぶりにギックリ腰をやってしまいまして。 無理やり動き回っている旅立調子ひるとんッす! 痛いのもありますが、何より力が入らない。。。笑 うまく骨盤の位置を調整して、何とか活動できている意外と器用な私。 ただ、10年ぶりのショックはデカい。筋力衰えてきました。 運動しなければ… あ。今日は少しまじめな話をしていきます。 Amazonでの出品を行っている方、私を含め特にメディア転売(せどり)を行っている方は衝撃的な規約改定がありましたね。 私の思う「良い転売」のような考え方で取引していれば、何もビクビクする必要は無いとは思いますが、この変更から転売に対する世間の目と対応が見え隠れしたのではないかと私は考えています。 先月のAmazonガイドライン改定から考える「転売」について、私の考えをこちらの記事にさせて頂きます。 Amazonの規約改定 2018年5月にAmazonがコンディションガイドラインを一部変更しました。 内容としては 「書籍および音楽商材について、再販契約に基づく定価に服するものについては、定価以外の新品出品はできません」 というものです。 言い換えれば 「新品メディアのプレミア価格や安売りは認めません」 という事です。 独占禁止法により定価は基本的に禁止されていていますので、少し変な話ですよね。 定価が無いのは最近流行りのオープン価格というやつで、個人的にはカタログなど…

続きを読む

DMMmobile
吉木りさ