オススメ格安SIMはこれだ!

おはようございます。
旅立調子ひるとんッす!

今回は話題の格安SIMについての記事です。

私の実体験が、皆さまのSIM選びの参考になればと思います。

スマホ代安くしたいなーって思っている方も多いはずです。

そんな中、先日docomoが携帯料金を2~4割値下げすると発表しました。
大手キャリアをお使いの方にとって魅力的なニュースだったかと思います。
これについても、どのようなプランになるのか予想も含めまとめていきます。


さて、早速ではありますが、まず格安SIMとは何ぞや
という人から、SIM会社を選ぶ基準まで、私なりの解釈と解説で紹介していきましょう。

ちなみに私は通信業界に詳しい訳ではありません。笑
ただ、一利用者として調べた結果と実体験、知人の声などを参考に記事を作成しています。

格安SIMって何なの?
日本における大手キャリアの3社
docomo
au
Softbank

キャリア携帯といったら、これらと契約した携帯電話になります。

これらキャリア携帯のメリットは
「高速通信が安定して得られる」ことではないでしょうか。

また、現在は「4G」いわゆる「LTE」回線が主流ですが、いよいよ「5G」がリリースされそうですから、
さらなる高速通信が期待できますし、キャリア携帯であれば即導入できるのではないでしょうか。


対して「格安SIM」は大手キャリアの回線を一部仮受けて、安く通信回線を提供している会社です。
大手同様「4G」を使用できますので、数値上は通信速度は遜色ありません。

しかしながら、現実は通信速度の制限など、色々な要素がかみ合ってこの価格を実現していますので、
これらを踏まえ、自分に合った事業者を選択していくことが大切です。


キャリアと格安SIMの価格差
これが特に気になるところですよね
プラン自体は似たようなプランを選択する事が出来ます。
比較したプランは私の使用用途を満足できるプラン「通信量3ギガ」「10分通話し放題」で見積もった比較です↓

無題.png
皆さんもザックリ、こんな差になるのではないでしょうか。

ポイントとしては現状、大手キャリアは携帯電話端末代金が含まれています。
実際に機種変更の際は
「端末代金を割り引くサービス」
があってこの価格なのに、2年後の機種代がなくなると、もちろんこのサービスも終了し、これまで同様の料金が継続されます。
ですので、2年おきに端末交換をしたい場合は、大手キャリアのメリットが味方すると言えます。

格安SIMは、端末代金は別になりますので、端末が必要な場合は、この表の金額に別途機種代が乗ってきます。


どの通信事業者を選んでも同じ?
そんなことはありません。
どのキャリアを選ぶかは、自分の生活圏などによって変わります。

大手キャリアの特徴がこちら↓
e.png
っと! すこしわかりニクイかもしれませんね。

そう思った方はある程度、人口の多い「街」で生活されている方ですね。
例えば、そのような方は同じ料金払うなら、Softbankの方が高速通信性に優れているようなので有利かも。(実感できないレベルで…笑)

少し繁華街を離れるような生活圏の方は「au」がバランスが良いかもしれません。

中には「docomo」しか電波届かないよ!なんて方もいらっしゃるはずです。

例えば、私の身近で最近の例を上げますと、台風24号が9月30日夜に通過し信号機が曲がったり、停電した地域が多数発生した災害がありました。
私の住む静岡市でも停電復旧に3日ほどかかったエリアもありました。
そんな災害の時には、繁華街から車で30分ほど山へ行くと、普段4Gが問題なく使用できるそのエリアでも「docomo」以外のキャリアは圏外となっておりました。

先ほどの「au」オススメ地域でも災害のリスクから「docomo」を選択した方が良いという考えもあります。

それらを考慮して選択していくと、迷わず決められますね。

大手キャリアの特徴はこの辺にして、早く格安SIMの話いこーよ!
ですよね!

格安SIM各事業者の特徴
大手キャリアはある程度通信品質の高い次元での比較になりますが、
格安SIMは通信品質で言わせるともっと次元を落として考えていきます。

今回、私ひるとんは、実際に格安SIM「マイネオ」と「DMMモバイル」を契約してみました。
この2社を使ってみての生生しいレビューを掲載していきます!
また、この「旅立調子」へ広告提携頂いている各社の情報も合わせてご覧いただければと思います!

あ!このサイトから飛んで実際に契約すると
ひるとんにお小遣い入っちゃうので、嫌だといういじわるな方は再度検索サイトより探してみてくださいね( ´艸`)

mineo
格安SIMの事業者はiPhoneを販売してないところも多いですが、取り扱いがあります。
ただし、現在iPhoneXRが最新ですが、5世代?前のiPhone6S(6万円)の取り扱いになります。

appleから直接購入してもiPhone7が5~6万前後で購入できますので、ここは魅力はありませんね。

しかしながら、通信速度は私は満足できました。
やはり、キャリア携帯には劣るので、動画がサクサクという訳にはいかないようですが、300KB程度の写真であれば1秒もかかりません。
通信量3ギガ のプランでおよそ2640円程度なのはとても魅力的です。

大手3キャリアいずれかの回線を選べるので、先ほどのキャリア比較を参考に選んでみてください。

DMMモバイル
DMMポイントが貯まりますので、他のDMMサービスを受けている方には魅力的ですね。
SNSフリーという特定の通信が無制限になるプランもあります。
SNSフリーとセキュリティーソフトが合わせて約500円
通信量3ギガ 10分通話し放題のプランで合計およそ2850円
マイネオよりプランと金額は魅力的かもしれません。

しかしながら、通信速度はいまいちです。
昼間は300KBの写真をダウンロードするのに、30秒ほどかかったりタイムアップでダウンロードできなかったりします。

うーーん。

他のサイトでは評判よさそうなんだけど、静岡だけかも
SNSフリーが活きない気がします。
docomo回線を使用しているようです。


LINEモバイル
iPhoneを取り扱っていますが、マイネオよりも安く3~4万円で手に入ります。
docomo回線と同じエリアに対応。
通信速度も評判を聞く限りマイネオと遜色ないのではないでしょうか。

またDMMモバイルでいう「SNSフリー」が元々含まれています。
通信量3ギガ 10分通話し放題のプランで合計およそ2570円


U-mobile
U-NEXTが運営する格安SIMサービスです。
docomoの回線

通話し放題のようなプランが無さそう。

ただ、通信し放題プランが2980円なのは魅力的です。


DTI SIM
使いきれずに余ってしまったデータ容量を翌月に繰り越しできます。
DTIの光回線サービス「DTI 光」と「DTI SIM」をまとめてご契約いただくと、月額料金が割引となります。
通信量3ギガ 10分通話し放題のプランで合計およそ2310円

ダントツで安いかも
通信速度も悪い評判は見かけません。

また、その他事業者格安SIMの契約は1年契約が多く、更新月以外は1万円ほどの違約金が発生します。
しかし、DTIはコレが無いようなので、試しやすいかも。

クレジットカード払いが多い格安SIM業界で口座振替ができるもの利点があるのではないでしょうか。

nuro mobile
通信量が2ギガプランの上が7ギガプランとなっていて選択の幅が狭いイメージ。
通信量2ギガ 10分通話し放題のプランで合計およそ2480円
7ギガにすると1400円ほど上乗せです。

回線はdocomoかSoftbankを選択可能。

0.2ギガプランなら300円から契約できるようなので、とにかくスマホを持ちたいならオススメかも。



ということで、ひるとんのオススメランキング↓
osusume.png

参考にしてみてくださいませ。


Y!mobile UQmobileはどうよ?
って!最初の比較表で出ていた「大手キャリア」と「格安SIM」の間にいた事業者が出てきていませんでしたね。笑

Y!mobile は Softbank
UQmobile は au のサックリ言えば子会社のようです。サブキャリアとでも呼びましょう。

多少、通信速度を落とすような制限があるようですが、通信品質は大手キャリアと遜色ないようです。

大手キャリアより安い理由は
端末代が少しユーザー負担になっている事と、世代の古いモデルを提供している為かと思われます。

例えば、iPhone6S(5万円)をサブキャリアで契約した場合、端末代の割引プランが1年目は2,000円 2年目から1,000円あります。
実質14,000円はユーザー負担になります。

また、1年目はおそらく3ギガ 通話し放題プラン端末代コミで3,500円前後ですが、
2年目から端末代割引が無くなり、4,500円
3年目から端末代を払い終わったとしても、割引が全て終了し、4,500円になります。

契約期間も2年で大手キャリアと同じです。

古い機種でも良いから2年おきに端末買い替えて、大手キャリア並みの通信品質を得たいユーザーにはオススメできます。


そして、docomoはこのサブキャリアの位置づけがありませんよね。

ですから、先日のdocomoの値下げ発表は、このサブキャリアに相当する何かを作るという事と予想できます。
大手キャリア料金6,800円をサブキャリア料金4,500円にすると
約34%の値下げです。

docomoが発表した2~4割の値下げ幅ドンピシャではないですか。

だから他の2社は焦りもなく、追従するようなニュースが無い訳ですね。
あくまで私の予想になりますが…。

まとめ
まずは自分がどの程度の通信品質を求めているか、どの程度の生活水準かを考えてみましょう。

お金に余裕があるなら、迷う事なく大手キャリアで生活圏にあったものを選ぶとよいでしょう。

もし、月に1万円固定費が変わると大きいな
と感じるのであれば、格安を検討してみてください。

我が家は
私と妻のスマホ代 + 家のネット
合わせて約20,000円掛かっています。

これを格安SIMと、その会社の家ネットに切り替えれば
約10,000円になります。

私の場合、通信量も各スマホは3ギガもあれば足りますが、
足りない方はもっと高額なプランに入っていることでしょう。
高額な人ほど効果は大きくなります。

また、私のプランに近い方は私のオススメした事業者を選択すると良いと思いますが、
使用状況の異なる方からすると、また違った事業者を選択した方が良い場合もあると思います。

ココで紹介した以外の格安SIMでほとんどのキャリアを網羅できていると思いますが、もちろん他にも存在しますので、興味のある方いろいろ調べても面白いかもしれません。

ただ、百聞は一見に如かず。
お住まいの地域や使用用途によって、良し悪しが分れる可能性があります。
ですので、格安SIMに魅力を感じたら、すぐ止められるDTIでスタートしてみるのが、良いと思う訳です。
私は、記事も書きたかったしリスクを取ってしまいましたが。。。笑

ほとんどの格安SIMがSIM発行手数料3,000円 1年契約(未満の解約金1万円)
でしたので、ビビッて2件しか試せませんでしたが、また後日他も試していこうと思います。
その時は追記するかもしれません。

CDひるとんrecommended

2018年リリース eill ファーストアルバム『MAKUAKE』
DSC_0080.JPG

エイルさんは2018年6月デビューしたばかり
19歳のシンガーソングライター

私自身このアルバムを知ったのは、先日の「Love Music」という音楽テレビ番組にゲスト出演していた森崎ウィンさんが紹介したのがきっかけでした。
森崎さんは
「デビュー当時の宇多田ヒカルさんを思わせる」と例え、歌唱力や表現力を絶賛。

番組内でも紹介され、アルバム1曲目になった曲がこちら↓


これを見せつけられ、アルバムで聴きたい!と思ってしまいました。。。笑

アルバムの1曲目を飾り、タイトルにもなった『MAKUAKE』は疾走感が気持ちいい。
思わず手拍子をしたくなるこのリズムがたまりません!

個人的には7曲目『初恋』がかなりオススメです‼
65秒あたりのサビから先を是非聴いてほしい。が!Amazonで視聴できるのは30秒程度。

これはもう私を信じて買っていただくしか…ッ!笑



ロックなテイストもありつつ、おそらくR&Bになるであろう彼女の楽曲を皆さんにも体感して頂きたい。
このアルバムでは、かなり様々な曲調を展開しています。
悪い言い方をすれば「さまよっている」部分もありますが、
「表現力の広さ」を感じる部分でもあります。

セカンドアルバムでどう成長しているのか楽しみなアーティストです。
(と、上から目線の凡人ひるとんでした)

ぜひチェックしてみてください!

good luck!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当サイト「旅立調子」や管理人ひるとん
また、メールマガジンに興味いただける方
こちらもお見逃しなく!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
乗り換えBANKデッドニング・防音工房dヒッツうたパス吉木りさ二木ゴルフ

この記事へのコメント

DMMmobile
吉木りさ